不当解雇について

企業では正社員の他にパートやアルバイトといった雇用形態で労働者を雇うことが多くあります。そういった非正規労働者の場合は、正社員と比較して給与水準や福利厚生の面で待遇が異なるのが一般的なのです。そのため解雇に関しても、パートやアルバイトという理由で不当解雇に遭ってしまうケースが見られます。弁護士でないと法律に関する専門知識がある人は少ないですが、労働基準法では不当解雇に関する規定があります。解雇権を濫用してはならないという内容の規定です。これは非正規労働者にも適用されますが、それを知らずに不当解雇をする使用者も中にはいます。そういった場合はの弁護士に相談をすると良いでしょう。不当解雇であることを使用者に告げる事で交渉してもらえます。まずは交渉を目指して頑張ってみましょう。

不当解雇に遭ってしまい弁護士に相談する際には、まず弁護士選びから始まります。弁護士にはそれぞれ得意分野があり、労働問題を得意とする弁護士を選ぶのが望ましいと言えます。不当解雇の問題は近年多く発生しているため、そういった事案に強い法律事務所ではホームページで大々的にアピールしていることが多いです。弁護士に依頼するとまずは裁判外での解決を図る事になります。その際に、労働基準監督署への通告などを行う場合もあります。そしてそれでは解決が難しいと判断される場合に、民事裁判を提起して争う事になるでしょう。